ゴミ屋敷の100年後

100年後のゴミ屋敷を考えてみたいと思います。ゴミ屋敷にしてしまうのには多くの原因があります。その中でも、整理整頓が上手にできないということが原因で汚部屋になる方が多くいると言われています。なので、今回は整理整頓ができない人の心理について説明していきます。物を整理整頓したり、捨てたりするにも、相当な量がたまってしまうと、その行為自体が非常に負担となるので、敬遠しがちになります。100年後の未来もはたしてそうなのでしょうか?そこは、同じと言えるかもしれません。また、自分の行動に自信が持てず、何かを決断することが困難になることもあります。自ら決断した行為によって、「大事なものを失ってしまうのではないか」、「不幸なことが起きるのではないか」という不安が付きまとってしまいます。そして、その結果、物をポイポイ捨てることができなくなってしまうので汚部屋になる人が多いと言われています。ゴミ屋敷にならないためにも整理整頓というのは必要です。ですが、整理整頓がうまくできない人も多くいます。物の上に物を置くだけの作業をしていたり、あいているスペースに物を入れているだけの作業であったりと、このようなことをしていてはいずれいらないものが集まってしまって、ゴミ屋敷になってしまいます。なので、整理整頓はしっかりできるように納得必要があります。このように、整理整頓ができないといらないものがどんどん積み重なってしまいます。なので、整理整頓が上手にできると、ゴミ屋敷になる心配はありません。100年後もきっと状況は変わらないかもしれませんね。